読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakobera's blog

技術メモ。たまに雑談

Node.js の Heroku 環境におけるパフォーマンス

Heroku で Node.js を動かしても絶対的なパフォーマンスは得られないのだけれど、最近仕事で Node.js on Heroku をやっているので、実際にどれくらいのパフォーマンスがでるのか測ってみました。

今回調べたのは、主に3点。

  • 2X DynoCPUとメモリが2倍のDyno。ただし、コア数は4のまま)を使うと速くなるのか?

  • Cluster に効果はあるのか?

  • Dyno 数はどれくらいが良いのか?

ベンチマークは Node.js v0.10.9 を対象とし、全て siegeベンチマーク機能の結果です。ベンチマーク対象のコードは、Node.js 本家トップページに載っている例のHTTP サーバで、AWS の us-east-1 リージョンの EC2 m1.large インスタンスで実行した結果です。

$ siege -b 60S -c 100 http://server

結果

1X Dyno

まずはノーマル。これが基準ですね。

Transactions:            155084 hits
Availability:              99.99 %
Elapsed time:              59.87 secs
Data transferred:           1.77 MB
Response time:              0.04 secs
Transaction rate:        2590.35 trans/sec
Throughput:             0.03 MB/sec
Concurrency:               99.63
Successful transactions:      155084
Failed transactions:              17
Longest transaction:            5.07
Shortest transaction:           0.00

2X Dyno

2X Dyno を使うと、なぜかパフォーマンスが下がりました。 何回か測りなおしたのですが、結果は同じでした。

Transactions:            127151 hits
Availability:              99.99 %
Elapsed time:              59.16 secs
Data transferred:           1.46 MB
Response time:              0.05 secs
Transaction rate:        2149.27 trans/sec
Throughput:             0.02 MB/sec
Concurrency:               99.32
Successful transactions:      127151
Failed transactions:               7
Longest transaction:            4.18
Shortest transaction:           0.00

1X Dyno + Cluster

Cluster でもパフォーマンスは低下します。 Failed transactions が減っているのがせめてもの救いでしょうか。

Transactions:            122164 hits
Availability:             100.00 %
Elapsed time:              59.52 secs
Data transferred:           1.40 MB
Response time:              0.05 secs
Transaction rate:        2052.49 trans/sec
Throughput:             0.02 MB/sec
Concurrency:               99.73
Successful transactions:      122164
Failed transactions:               4
Longest transaction:            5.27
Shortest transaction:           0.00

2X Dyno + Cluster

予想はつきましたが、これが最低のパフォーマンスになりました。 2X Dyno はまだ Heroku の Router がうまく捌けていないのか、と思うくらいパフォーマンスが落ちますね。

Transactions:            116440 hits
Availability:             100.00 %
Elapsed time:              59.48 secs
Data transferred:           1.33 MB
Response time:              0.05 secs
Transaction rate:        1957.63 trans/sec
Throughput:             0.02 MB/sec
Concurrency:               99.80
Successful transactions:      116440
Failed transactions:               3
Longest transaction:            5.09
Shortest transaction:           0.00

1X Dyno 2台

2台にしても、パフォーマンスが落ちます。 振り分けのコストがそれなりにでかいわけですね。 Logest transaction が大きく下がっているので、引っ掛かりみたいなものを減らせていると思います。

Transactions:             80351 hits
Availability:             100.00 %
Elapsed time:              59.94 secs
Data transferred:           0.92 MB
Response time:              0.07 secs
Transaction rate:        1340.52 trans/sec
Throughput:             0.02 MB/sec
Concurrency:               99.79
Successful transactions:       80351
Failed transactions:               4
Longest transaction:            1.70
Shortest transaction:           0.00

1X Dyno 3台

3台でやっと1台の時と同じくらいの Transaction rate が出るようになります。 Logest transaction がさらに下がっているのがわかります。

Transactions:            143521 hits
Availability:             100.00 %
Elapsed time:              59.72 secs
Data transferred:           1.64 MB
Response time:              0.04 secs
Transaction rate:        2403.23 trans/sec
Throughput:             0.03 MB/sec
Concurrency:               99.67
Successful transactions:      143521
Failed transactions:               5
Longest transaction:            0.85
Shortest transaction:           0.00

1X Dyno 4台

4台だとまた下がってしまいました。

Transactions:             97675 hits
Availability:              99.99 %
Elapsed time:              59.05 secs
Data transferred:           1.12 MB
Response time:              0.06 secs
Transaction rate:        1654.11 trans/sec
Throughput:             0.02 MB/sec
Concurrency:               98.85
Successful transactions:       97675
Failed transactions:               6
Longest transaction:            1.93
Shortest transaction:           0.00

まとめ

今回の結果だけをまとめると

  • Heroku で Node.js を使う場合、2X Dyno も Cluster も使わない方が良い。
  • Dyno 数は処理能力的には 1 で十分だが、可用性とかを考慮して 3 に設定すると良い。

となります。実際には処理の内容によって結果に差異はでると思うので、実際に測ってみると良いと思います。 自分は効果あると思って Cluster 使ってましたが、今回の結果をみて、使うのをやめました。

2X Dyno は ImageMagick などで画像処理を行うなど、CPU負荷の高い処理を書く場合は意味あるかもしれないが、それは Node.js で書くべきプログラムでもないし、倍の値段払うほどでもないかなと思います。

2X Dyno は Rails または、JVM 系の言語 (Scala / Java)のための Dyno であり、Node.js にはあまり意味がないかと。前述した公式Blog にもそう書いてありますしね。

補足

2X Dyno はまだ Public Beta (でも、明日から本サービス開始)なので、もしかしたら Router の調整とかがうまくいっていない可能性はあります。なので、1か月後くらいにまた測る予定。

追伸

Quipper という会社に転職しました。